むちうちなら池袋駅前整骨院

池袋駅前整骨院

坐骨神経痛

当院の矯正治療は医師監修の施術なので安心・安全・効果的!
悩みタイトル

  1. 明るい挨拶

    座り仕事でのお尻のしびれ
    起立時の太ももの後面のしびれ
    ふくらはぎのしびれ
    脚の全体的なしびれや鋭い痛み
    頻尿や尿失禁
    痛みによる不眠
    坐骨神経痛は、腰、お尻、太ももの後面、ふくらはぎなどに電気が走ったようなビリビリした痛みやチリチリとした灼熱感、しびれ、だるさなどが現れます。これらの症状が起きる事で、痛みによる不眠に繋がる事や、立ってるだけでも痺れ仕事に集中できないこと、長い時間座っていると痺れてきて集中できないなど日常生活に大きな支障をきたします。

  2. 坐骨神経痛に対する当院の考え

    明るい挨拶

    坐骨神経痛とは、神経という情報を伝達する器官が長く圧迫され、かつその周辺の循環障害が起こることにより炎症が誘発され炎症物質がでてくると脳に異常感覚が伝わります。坐骨神経とは腰にある神経という器官のなかでも1番太いです。原因のほとんどが腰椎椎間板ヘルニアだと言われています。坐骨神経の神経根がヘルニアに触れることにより動かすたびに刺激を受けて疼痛をひきおこします。お尻から太ももの後面、ふくらはぎにかけて左右のどちらかに鋭く電気が走ったように痛みます。坐骨神経痛になりやすい疾患として腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、梨状筋症候群などがあげられます。梨状筋症候群は筋肉へのアプローチをすることにより比較的改善がみられますが、腰部脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアは場合によっては手術の適応となる場合があるため早くから鍼や指圧などで対症療法をする事が大切だと考えます。

  3. 坐骨神経痛を放っておくとどうなるのか

    明るい挨拶

    坐骨神経というのは、お尻から太ももの後面、ふくらはぎなどにかけて長く走行する神経です。その非常に長い神経のどこかで症状が出る事を坐骨神経痛といいます。坐骨神経痛の主な症状はお尻、太ももの後面、ふくらはぎなどにかけて痛みや、しびれ、まひ、張り感、灼熱感や締め付け感を感じるケースがあります。これらの症状が脚全体的に起こる事もあれば、一部だけに強くでることもあります。この症状を何度も繰り返す事で痛みがより強くなる事や、歩行や椅子から立ち上がる事が困難になります。さらに症状が悪化すると座っているだけで痛かったり、立っているだけで痛みをともなうため日常生活に障害をきたします。

  4. 坐骨神経痛の軽減方法

    明るい挨拶

    坐骨神経痛の痛みやビリビリする痺れというのは何によって坐骨神経を圧迫してしまっているかによって改善する方法が変わってきます。
    腰部椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などは椎体が逸脱したものや脊柱管によって圧迫されてしまっているため手術される方もいらっしゃいます。
    筋肉の緊張が強すぎて坐骨神経を圧迫してしまっている場合は、その筋肉の緊張を取り除くことで坐骨神経の圧迫を和らげて痛みや痺れを取り除くことができます。
    必ずしも腰部椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症だから手術しなきゃいけないという訳じゃなくて、筋肉の硬さにより症状が悪化されている患者様もいるためストレッチなどで筋肉の柔軟性を高めることが症状の改善にも繋がります。

  5. 坐骨神経痛の軽減に効果的な当院の施術メニューは?

    姿勢矯正

    坐骨神経痛を改善していくのには大きくわけて2つの方法があります。それは「保存療法」と「手術療法」です。
    そのうちの「手術療法」は医者の方しかすることが出来ないので私たちの院では「保存療法」を取り扱っています。
    坐骨神経痛は腰部椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症だけでなく、筋肉の強い緊張で起こることもあります。ですので、筋肉の柔軟性を高めるメニューを当院ではおすすめしております。
    具体的に言うと、「筋膜ストレッチ」「鍼」をおすすめしております。
    「筋膜ストレッチ」は下肢の筋肉にストレッチをかけて柔軟性を高めるだけでなく、1人のストレッチではすることが出来ない捻るという動作を加えることにより、筋膜リリースも合わせて行います。
    「鍼」は背部~臀部の硬くなってしまっている筋肉に刺激を加え、血流量を増やして柔軟性を出す治療になります。

  6. その施術を受けるとどう楽になるのか

    明るい挨拶

    「筋膜ストレッチ」は筋肉にストレッチをかけるので、筋肉が硬い方には多少の痛みが出ます。
    終わった後は、筋肉がほぐされて柔らかくなり、血流量が増えるために足や腰がスッキリします。中には足が温かくなったという患者様もいらっしゃいます。
    「鍼」は硬くなってしまった筋肉に鍼をすることで、刺激を加えます。それにより筋肉がほぐされて血流量が増えます。また、鍼は体にとっては異物なので、それを除去しようとして免疫力が上がります。それにより自然治癒力が上がります。
    「鍼」も「筋膜ストレッチ」と同様に硬くなった筋肉をほぐすため終わったあとスッキリ感があります。

  7. 改善するために必要な施術頻度は?

    明るい挨拶

    痛みや痺れ、筋肉の緊張が強い場合は、悪い状態から早く抜け出すということもありますが、治療の効果や状態を確認するため、毎日もしくは1日おきくらいの頻度で来院して頂いた方が良いです。
    週に何回来院できるかにより、来院期間も変わっていきます。週2~3回のペースだと3ヶ月で体質の変化、6ヶ月でその変化が定着し、9.12ヶ月で安定になります。

▲ページの先頭へ戻る

池袋駅前整骨院のご案内

【住所】〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目39番2号 アドワンビル1F 【電話】 TEL:03-5956-2682

池袋駅前整骨院景観
受付時間 土・祝・日
10:00~14:00 9:00~13:00
16:00~21:00 15:00~17:30

年中無休で営業しております。

当院までの地図

JR「池袋駅」から 池袋駅前整骨院まで徒歩3分です。

詳しい案内は「所在地・地図」で
ご覧になれます。

池袋、東池袋、西池袋、上池袋など広く地域の方にお越しいただいております。


お気軽にお問い合わせください
  • お問い合わせフォームへ

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

▲ページの先頭へ戻る