むちうちなら池袋駅前整骨院

池袋駅前整骨院

ヘルニア

当院の矯正治療は医師監修の施術なので安心・安全・効果的!
悩みタイトル

  1. 椎間板ヘルニアの症状で上げられるのはまず
    慢性的な痛み、痛みの波はあるが常に痛みが続いてる状態になる。その次に痺れがでる。
    どこの神経がやられているかによって変わる。
    腰椎だったら腰や膝や足など、頚椎だったら首や肩にかけて痺れなどの神経症状がある。状態によってはくしゃみや咳などで激痛が走ることもあります。
    また痺れが長い間続くと筋肉がやせ細りやられている神経支配の筋肉によって筋力低下を起こします。ほかにも感覚が鈍くなったり手や足を触ると布が1枚かかっているような感覚障害や手足の脱力感、力が入らないような運動麻痺を起こします。

  2. ヘルニアに対する当院の考え

    椎間板ヘルニアとはどんなものなのかヘルニアといわれるものは臓器や体の構成物があるべき場所から移動したりずれたりした状態をいいます。
    椎間板ヘルニアは何がずれているのかそもそも椎間板というものは人の背骨が24個あってその24個の間全てに入ってるクッションのようなものです。この椎間板自体が衝撃を吸収することによって背骨の動く範囲が大きくなり背骨は前後左右捻れの動きが可能になります。
    この椎間板の中に入ってる髄核というものが上記の椎間板の働きをする上で中核になっています。髄核があるおかげで背骨の動きは出せるのです。この髄核がずれないように周りを繊維輪という組織が覆っています。
    これがスポーツや事故など繊維輪が傷つき髄核がヒュルっと外に出てしまった状態をヘルニアと呼びます。ただ出でしまったのみでは症状は起きませんがこの髄核が出でしまった所が神経を刺激してしまうと痛みや痺れなど自覚症状がでてきます。

  3. ヘルニアを放っておくとどうなるのか

    椎間板ヘルニアを放っておくとどうなるのかまずはじめに痛みが続きます。
    腰椎や身体を前後に倒した際の動作時痛、お尻から下肢にかけて全体的に痺れる坐骨神経痛の症状、手足のしびれやだるさ脱力など、触っても感覚が鈍くなった感覚障害を引き起こし更には握力低下や筋肉の萎縮などの筋力低下など引き起こします。頚椎のヘルニアの場合は後頭部痛、頭痛、眼精疲労、目の充血、耳鳴り、めまい、ふらつきなどの症状も起きます。
    これらが更に進行してくると脚のつっぱりや歩行障害、少し動いただけでも尿が漏れてしまう尿コントロール障害、または排尿、排便が全く出来ない膀胱直腸障害など引き起こしてしまいます。こうなってくると日頃の負担のかかりやすい第4.5腰椎のダメージが大きくなってくるので自力で生活するのもやっとになってきます。ここまでくると手術をせざるを得ない状況になってきます。

  4. 当院のヘルニアに対する施術とは

    椎間板ヘルニアの治療法は様々な方法がありますが飛び出してしまっている髄核を元に戻す完治させるのには手術以外で方法はありません。
    また手術をしてもまた再発する可能性もあります。
    ただし椎間板ヘルニアの症状である痺れ感や痛みの軽減や神経異常による筋力の低下の進行を遅らせる事はできます。まず痛みに対して筋肉を緩め痛みを取り除く電気治療があります。髄核が神経を刺激して影響が出てる筋肉は常に刺激が入り緊張状態が続いてるので電気治療や手技で痛みが出てるところに対して痛みの軽減としてやっていきます。当院ではEMSがそれにあたります。
    また身体の歪みを整え筋肉を全体的に引っ張られる状態をなくすとして姿勢や骨格の調整をする事もできます。それが矯正治療に当たります。また椎間板ヘルニアが進行してくると筋力低下も起こってきてしまいます。これの進行を遅らせる為に筋力をつける事が大事になってきます。その為に電気で筋トレができるEMS治療も当院では提案することができます。
    椎間板ヘルニア自体が自然治癒する事もあるので症状がひどい時は上記の治療を続け様子を見ていきどうしても改善しない、もしくは悪化して膀胱直腸障害が出てきた時は手術をするのがベストになってきます。

  5. その施術を受けるとどう軽減するのか

    当院の椎間板ヘルニアに対する治療を受けるとどう改善するのかまずは神経症状を起こし過剰に硬くなってる筋肉に対して緩める筋肉の柔軟性を出し可動域を出すために手技治療や電気で筋肉を緩める電気治療があります。
    この2つをやるだけでも筋肉がほぐれ痛みの軽減に繋がります。筋肉がほぐれたらこのほぐれた状態をより長続きさせる為に筋肉の下にある骨、骨格を整え元に戻りづらい状態を作るのに矯正治療があります。矯正治療は身体の中心である骨盤から整えて身体全体のバランスを均一にし、どこか一箇所に負担がかかりづらい状態を作ります。これにより筋肉が緊張しずらくなり筋肉が緩んでる状態を作りやすく長続きしなります。
    もう一つは筋力低下が始まってる人に対して行う電気で筋トレが出来る治療があります。
    神経症状が進むと筋力低下が始まりますがそれらの進行を完治は出来ませんが、進行を遅らせる事が出来ます。自分では鍛えづらい筋肉を寝てるだけで鍛えられるものになります。筋肉を鍛えることにより衰退するのを抑え生活の質を下げる事ないようにする事が出来ます。

  6. 施術頻度はどのくらいか

    改善する為に治療頻度はどれくらいがベストか最低でも週2回は必要です。なぜならば症状は日々進行していきますのでコンスタントな治療が必要です。痛みや痺れの軽減には毎日の通院でも特に問題はありません。
    しっかり緩めても空けると筋肉が硬くなり痛みが出やすくなってしまうからです。
    椎間板ヘルニアの症状が進行して筋力低下を起こしてる人には筋力をつける治療でベストな通院頻度は週2回です。筋力をつけるのには休息も必要になります。ある程度筋肉をお休みさせて鍛える事でより筋肉がつきやすくなるからです。ヘルニアの治療自体が中々の長期戦にはなりますが何もしないとより悪化していく一方なので症状が落ち着くまではこの治療頻度で行なっていくのがベストになります。

▲ページの先頭へ戻る

池袋駅前整骨院のご案内

【住所】〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目39番2号 アドワンビル1F 【電話】 TEL:03-5956-2682

池袋駅前整骨院景観
受付時間 土・祝・日
10:00~14:00 9:00~13:00
16:00~21:00 15:00~17:30

年中無休で営業しております。

当院までの地図

JR「池袋駅」から 池袋駅前整骨院まで徒歩3分です。

詳しい案内は「所在地・地図」で
ご覧になれます。

池袋、東池袋、西池袋、上池袋など広く地域の方にお越しいただいております。


お気軽にお問い合わせください
  • お問い合わせフォームへ

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

▲ページの先頭へ戻る