むちうちなら池袋駅前整骨院

池袋駅前整骨院

膝の痛み

当院の矯正治療は医師監修の施術なので安心・安全・効果的!
悩みタイトル

  1. 膝が痛い

     朝、歩きはじめの「膝のこわばり」「膝の違和感」
     膝の痛みが著名になり膝を完全に伸ばす曲げるができなくなり正座やしゃがみ込みが出来なくなる
     膝周辺に炎症が起き触ると少し熱く感じたり腫れを伴ったりする
     膝に水が溜まり膝が常に張ってるような重くだるい状態になる
     膝がO脚気味になり膝に力がかかる動きをすると膝の中で骨同士がぶつかるような音を感じ膝がずっと何かに挟み込まれた状態になる

  2. 膝の痛みに関する当院の考え

    膝が痛い

    膝の痛みが起きてしまうのは年代によって異なる。
    若い人の場合はスポーツの怪我などによって膝関節の靭帯が損傷などが多いが中高年になると加齢により膝関節内のクッションの役割をしてる半月板や大腿骨と脛骨の端にある関節軟骨が脆くなりやすくさらに日常生活での長年の負担によりさらに傷つきやすい状態になる。
    また加齢に伴って運動量も減り膝関節を支えている筋力、主に脚の内側の筋肉が弱くなり膝の動きが不安定になり膝への負担が増え痛みが起きてしまう。
    また元からO脚X脚の人は膝にかかる体重が片側に集中し軟骨がすり減りやすくなってしまう為膝の痛みを起こす要因になる。また膝は立ってるだけでも全体重のほとんどを支えている為、肥満気味の人は立つだけでもより膝に大きく負担がかかってしまう為膝を痛みやすくなってしまう。

  3. 膝の痛みを放っておくとどうなるのか

    膝の痛み

    膝の痛みを放っておくとどうなるかまず起こるのは「関節軟骨」のすり減りです。
    関節軟骨のすり減りの主な要員は立つ座る曲げるなど日頃の膝の負担が長年積み重なっていくと関節軟骨や半月板など膝関節を構成する骨の端についてる膝のクッションの役割をしてるいる組織がすり減って変性がみられその過程で磨り減った軟骨のかけらが膝関節の中にある滑膜という組織を刺激して炎症がおこり痛みを出すことがあります。
    関節軟骨のすり減りによって痛みが出るのは主に女性に多いです、なぜなら膝関節を支える筋力が男性より弱く関節が小さいため膝にかかる負担が大きくなります。関節軟骨はすり減ると元にように戻すことが出来ず骨の端同士がぶつかり骨棘が形成され骨棘が形成されるとより膝にするどい痛みが走り歩くのも大変になり体全体の機能低下がおこり認知症の原因になりえることもあります。

  4. 膝の痛みの軽減方法

    膝の痛み

    膝の痛みの改善方法として膝の痛みの原因にもよるが比較的若く運動習慣がある人はスポーツ活動を一旦中止して安静にします。
    痛みが強くなる動作はかえって膝を状態を悪くすることになるのでそうなると運動療法に支障が出るので痛みが激しい段階は安静にします。40代以降の膝の痛みがある人は減量を意識させます。肥満の人は膝に大きく負担がかかりその負担を減らす為に普段運動習慣がない人は水中ウォーキングなど膝に負担がかかりにくい運動で脂肪を少しでも減らすことも大切になります。1番大事なのは運動療法で特に大事のなのは大腿四頭筋です。膝を伸ばす作用と膝関節内にかかる負荷の緩衝作用があるからです。また内転筋が弱いとO脚になり膝の内側に負担きやすいため内転筋を鍛える事も重要です

  5. 膝痛改善のためにおすすめする当院の施術メニューとは

    明るい挨拶

    膝痛の改善の為におススメする当院の治療メニューはスポーツをする若者の方に向けて膝の除痛を目的としたEMSを当てます。膝の内側か外側かどちらに痛みがでるか聞きそれに関する筋肉にEMSを貼り過度に緊張してる筋肉全体を緩めます。次におススメするのは下半身矯正です。下半身矯正は骨盤から足首にかけて矯正し正しい位置関係に戻して膝の痛みがでてる側の負担を減らしていきます。
    矯正は若者でも40代以降の方でも特に治療効果が出やすい治療になります。
    膝の痛みが特に出やすい40代以降の人には加齢に伴って筋力が低下して膝への負担が大きくなっている為下半身矯正と一緒にEMSで主に膝の内側から筋力をつけられるように治療していきます。矯正して骨盤から足首まで下半身全体を正しい位置関係にしてそれをしっかり維持させる為に大腿四頭筋と内転筋を鍛えていきます。

  6. 治療頻度その治療を受けるとどう楽になるのか

    明るい挨拶

    EMSで除痛を目的として治療した後に下半身矯正を行うと下半身矯正の最初の段階で骨盤についてる股関節周りの筋肉からアプローチし左右の足の長さを整えます。骨盤の左右の後傾の差によって足が短くなってる方の脚は膝への衝撃が大きくなるからです。次に膝を外側から圧迫し狭くなってる膝の内側を広げます。次に膝の内側を広げたのを維持させる為に腓骨を矯正します。最後に距骨を正しい位置に戻して身体の重心が外側に流れず内側に真っ直ぐくるのうに矯正して下半身全体のバランスをよくします。次にこの状態を維持させる為に筋力をつけるためにEMSの筋トレモードをやります。膝の動きを良くする為に大腿四頭筋と膝を内側に閉じさせる内転筋を鍛え下半身矯正の効果をより持続させます。

  7. 改善するための治療頻度はどのくらいか

    明るい挨拶

    肝心の施術期間ですが患者様の痛みや歪みの原因の程度によりますが身体の状態を良くさせて行く為に3ヶ月、身体に良い状態を覚えさせる為にもう3ヶ月かかります。予防を兼ねた定着までは合計で6ヶ月を見て頂くと施術期間が終わった後も予後が良くなり歪みにくい体づくりをする事が可能です。
    当院の施術メニューの理想頻度は週に2〜3回が理想になります。なかなかご来院が難しい患者様にはその方に合わせた施術プランを提案させて頂きますので安心してご相談ください!
    スタッフ一同お持ちしております!

▲ページの先頭へ戻る

池袋駅前整骨院のご案内

【住所】〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目39番2号 アドワンビル1F 【電話】 TEL:03-5956-2682

池袋駅前整骨院景観
受付時間 土・祝・日
10:00~14:00 9:00~13:00
16:00~21:00 15:00~17:30

年中無休で営業しております。

当院までの地図

JR「池袋駅」から 池袋駅前整骨院まで徒歩3分です。

詳しい案内は「所在地・地図」で
ご覧になれます。

池袋、東池袋、西池袋、上池袋など広く地域の方にお越しいただいております。


お気軽にお問い合わせください
  • お問い合わせフォームへ

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

▲ページの先頭へ戻る